ひと目で分かる! ドローン規制の全体像

200g未満のラジコン・マルチコプター

ポイント

〇200g未満のラジコン・マルチコプターは、「無人航空機」から除外されるため、無人航空機を対象とした規制(飛行空域・場所に関する規制、飛行方法に関する規制)の対象外となります。
〇200g未満のラジコン・マルチコプターであっても、航空機の飛行に影響を及ぼす行為は禁止されています(航空法99条の2)
〇200g未満のラジコン・マルチコプターであっても、国の重要施設の周辺地域の上空の飛行は規制されています。

航空法

「無人航空機」の規制の適用除外

 ゴム動力飛行機や重量200g未満のラジコン、マルチコプターなどは「その飛行により航空機の航行の安全並びに地上及び水上の人及び物件の安全が損なわれるおそれがないものとして国土交通省令で定めるもの」(航空法第2条22項 航空法施行規則第5条の2)にあたり、「無人航空機」から除外されるため、「無人航空機」の規制は適用されません
 この趣旨は、重量が200g未満の無人航空機は、飛行可能時間等の性能・機能が限定されており、墜落等により人や物件に衝突した場合であっても、その被害は極めて限定的であると考えられること、および、屋内などの狭い範囲内での飛行が主であることという点にあります。
 そのため、「無人航空機」の飛行に関する規制である、「150m以上の高さの空域」「人口集中地区の上空」のための国土交通大臣の許可や、「夜間飛行」「目視外飛行」「イベント上空飛行」のための国土交通大臣の承認は必要ありません。
 なお、200g未満の「重量」とは、無人航空機本体の重量およびバッテリーの重量の合計を指しており、バッテリー以外の取り外し可能な付属品の重量は含まないものとされています。

 

航空法99条の2は規制対象

 もっとも、200g未満のラジコン等であっても、航空機の飛行に影響を及ぼすことは考えられます。そこで、200g未満のラジコン等であっても、航空機の飛行に影響を及ぼす恐れのある行為を禁止した航空法99条の2の規制は及びます。
 この結果、200g未満のラジコン等であっても、以下の飛行については、国土交通大臣の許可または国土交通大臣への通報が必要となります。

許可

航空交通管制圏、航空交通情報圏、高度変更禁止空域又は航空交通管制区内の特別管制空域における飛行

通報

地表または水面から250m(航空路内は150m)以上の高さの空域における飛行

【航空法】
第99条の2(飛行に影響を及ぼすおそれのある行為)
 何人も、航空交通管制圏、航空交通情報圏、高度変更禁止空域又は航空交通管制区内の特別管制空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのあるロケットの打上げその他の行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしてはならない。ただし、国土交通大臣が、当該行為について、航空機の飛行に影響を及ぼすおそれがないものであると認め、又は公益上必要やむを得ず、かつ、一時的なものであると認めて許可をした場合は、この限りでない。
2 前項の空域以外の空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、あらかじめ、その旨を国土交通大臣に通報しなければならない。

小型無人機等飛行禁止法

「国の重要施設の周辺地域の上空」も規制対象

 200g未満のラジコン等が適用対象となるのは、あくまで航空法の「無人航空機」の規制に限られます。
 小型無人機等の飛行禁止法に定める「国の重要施設の周辺地域の上空」の飛行禁止については、一般のドローンと同様に規制対象となり、「管理者等の同意」と「都道府県公安委員会への通報」が必要となります。

 

◆ドローンに関する規制の一覧は「トップページ」をご覧ください。
◆ご依頼・ご相談は「ご依頼/報酬額」よりお問い合わせください

 

 

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 空域・場所 飛行方法 機能・性能 技能・知識 安全確保体制 適用除外 お問い合わせ