ひと目で分かる! ドローン規制の全体像

航空局標準飛行マニュアル

ポイント

〇航空局標準飛行マニュアルを使用する場合、申請者が独自に飛行マニュアルを作成する必要はありません。また、飛行マニュアルの提出も不要となります。
〇航空局標準飛行マニュアルを使用する場合、無人航空機の飛行にあたっては、標準飛行マニュアルに沿った運用を行う必要があります。これと異なる運用を行うためには、申請者が独自にマニュアルを作成する必要があります。

飛行マニュアルとは

原則

 航空法に定める無人航空機の飛行に関する許可・承認を申請する場合、「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」で定める基準を満たす飛行マニュアルを作成し、作成した飛行マニュアルを添えて申請する必要があります。
 〇飛行マニュアルの作成

 

飛行マニュアルの作成と提出を省略

 航空局標準飛行マニュアルを使用する場合、申請者が飛行マニュアルを作成する必要はありません
 また、申請手続きの際に「航空局標準飛行マニュアルを使用する」旨を申し出れば、飛行マニュアルの提出も不要となります。

航空局標準飛行マニュアルの内容

 このHPでは、航空局標準飛行マニュアルの内容を、規制項目ごとに分けて記載しております。具体的な内容につきましては、各項目の「標準飛行マニュアルの定め」をご覧ください。
空港等の周辺の空域
150m以上の高さの空域
人口集中地区の上空
夜間飛行
目視外飛行
30m未満の距離の飛行
イベント上空飛行
危険物輸送
物件投下
無人航空機を飛行させる者の飛行経歴・知識・技能に関する規制
安全確保体制の構築
無人航空機の点検・整備・点検整備記録の作成
飛行記録の作成
事故等の報告

 

使用する際の注意点

 航空局標準飛行マニュアルを使用する場合、標準飛行マニュアルに沿った運用を行う必要があります。
 たとえば、飛行経路を特定しない申請において航空局標準飛行マニュアル(航空局標準マニュアル02)を使用する場合、人口集中地区の上空での目視外飛行および夜間飛行は制限されます。
 航空局標準飛行マニュアルと異なる運用を行うためには、独自に飛行マニュアルを作成する必要があります。 

【参照】航空局標準飛行マニュアル

航空局標準飛行マニュアル

【飛行場所を特定した申請】
 〇航空局標準マニュアル01(平成30年2月1日版)
【飛行場所を特定しない申請】
 〇航空局標準マニュアル02(平成30年2月1日版)
★飛行場所を特定せずに空港等の周辺の上空の空域または150m以上の高さの空域を飛行する場合、あるいは、飛行場所を特定せずにイベント上空飛行を行う場合、航空局標準マニュアル02(飛行場所を特定しない申請)は使用できません。

 

リンクが開かない場合

 「航空局標準マニュアル」のリンクが開かない場合、同マニュアルが新しい版に更新されたことが考えられます
 その場合、下記リンク先より「3、許可・承認手続きについて」というページ(国土交通省HP)を閲覧していただき、「省略可能な申請書類について」という項目の「団体及び名称を記載することで添付に代えることができるマニュアル」の中にある「航空局標準マニュアル」をご確認ください。
〇国土交通省HP 航空「3、許可・承認手続きについて

 

◆初めての方は「5分でわかる!ドローン規制の全体像」よりご覧ください。
◆ドローンに関する規制の一覧は「トップページ」をご覧ください。

 

 

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 空域・場所 飛行方法 機体 操縦者 安全確保体制 適用除外 お問い合わせ