ドローンの許可・承認申請は中野・杉並行政書士事務所へ【全国対応】

無人航空機を飛行させる者の飛行経歴・知識・技能に関する規制

 無人航空機を飛行させる者の飛行経歴、知識及び能力について、次に掲げる基準に適合すること。

1.飛行を予定している無人航空機の種類別に、10時間以上の飛行経歴を有すること。
2.次に掲げる知識を有すること。

①航空法関係法令に関する知識
②安全飛行に関する知識
・飛行ルール
・気象に関する知識
・無人航空機の安全機能
・取扱説明書に記載された日常点検項目
・自動操縦システムを装備している場合には、当該システムの構造及び取扱説明書に記載された日常点検項目
・無人航空機を飛行させる際の安全を確保するために必要な体制
・飛行形態に応じた追加基準

3.飛行させる無人航空機について、次に掲げる能力を有すること。

≪①一般≫
飛行前に、次に掲げる確認が行えること。
・周囲の安全確認
・燃料又はバッテリーの残量確認
・通信系統及び推進系統の作動確認
≪②遠隔操作の機体≫
①の能力に加えて、GPS等による位置の安定機能を使用することなく、次に掲げる能力を有すること。
〇安定した離陸及び着陸ができること。
〇安定して次に掲げる飛行ができること。
・上昇
・一定位置、高度を維持したホバリング
・ホバリング状態から機首の方向を90°回転
・前後移動
・水平方向の飛行
・下降
≪③自動操縦の機体≫

①の能力に加えて、次に掲げる能力を有すること。
・自動操縦システムにおいて、適切に飛行経路を設定できること。
・自動操縦システムによる飛行中に不具合が発生した際に、無人航空機を安全に着陸させられるよう、適切に操作介入ができること。なお、操作介入が遠隔操作による場合には、②の能力を有すること。

講習団体・管理団体による技能証明

 国土交通大臣の許可・承認を申請するにあたり、改正航空法ホームページの「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」に掲載されている講習団体等が当該ホームページに掲載された日以後に発行した技能証明書の写しを提出する場合、「(様式3)無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書」を省略することができます
 ただし、技能証明書等に求められる技能を有することが明示されていない場合は、資料の追加提出を求められることがあります。

無人航空機を飛行させる者の訓練及び遵守事項

以下の記載は「航空局標準飛行マニュアル」に準拠しています。独自マニュアルを作成・使用される場合、独自マニュアルに沿った訓練および遵守が求められます

1、基本的な操縦技量の習得

 以下の内容の操作が容易にできるようになるまで10時間以上の操縦練習を実施する。なお、操縦練習の際には、十分な経験を有する者の監督のもとに行うものとする。訓練場所は許可等が不要な場所又は訓練のために許可等を受けた場所で行う。

離着陸 操縦者から3m離れた位置で、3mの高さまで離陸し、指定の範囲内に着陸すること。この飛行を5回連続して安定して行うことができること。
ホバリング 飛行させる者の目線の高さにおいて、一定時間の間、ホバリングにより指定された範囲内(半径1mの範囲内)にとどまることができること。
左右方向の移動 指定された離陸地点から、左右方向に20m離れた着陸地点に移動し、着陸することができること。この飛行を5回連続して安定して行うことができること。
前後方向の移動 指定された離陸地点から、前後方向に20m離れた着陸地点に移動し、着陸することができること。この飛行を5回連続して安定して行うことができること。
水平面内での移動 一定の高さを維持したまま、指定された地点を順番に移動することができること。この飛行を5回連続して安定して行うことができること。

 

2、業務を実施するために必要な操縦技量の習得

 基礎的な操縦技量を習得したうえで、以下の内容の操作が可能となるよう操縦練習を実施する。訓練場所は許可等が不要な場所又は訓練のために許可等を受けた場所で行う。

対面飛行 対面飛行により、左右方向の移動、前後方向の移動、水平面内での飛行を円滑に実施できるようにすること。
飛行の組合 操縦者から10m離れた地点で、水平飛行と上昇・下降を組み合わせて飛行を5回連続して安定して行うことができること。
8の字飛行 8の字飛行を5回連続して安定して行うことができること

 

3、操縦技量の維持

 上記1、2で定めた操縦技量を維持するため、定期的に操縦練習を行う。訓練場所は許可等が不要な場所又は訓練のために許可等を受けた場所で行う。

 

4、夜間における操縦練習

 夜間においても、2に掲げる操作が安定して行えるよう、訓練のために許可等を受けた場所又は屋内にて練習を行う。

 

5、目視外飛行における操縦練習

 目視外飛行においても、2に掲げる操作が安定して行えるよう、訓練のために許可等を受けた場所又は屋内にて練習を行う。

 

6、物件投下のための操縦練習

 物件投下の前後で安定した機体の姿勢制御が行えるよう、また、5回以上の物件投下の実績を積むため、訓練のために許可等を受けた場所又は屋内にて練習を行う。

 

7、飛行記録の作成

 無人航空機を飛行させた際には、「無人航空機の飛行記録」(様式2)により、その飛行記録を作成し、電子的または書面で記録を管理する(参照「飛行記録の作成」)。

 

8、無人航空機を飛行させる者が遵守しなければならない事項

〇第三者に対する危害を防止するため、第三者の上空で無人航空機を飛行させない。
〇飛行前に、気象、機体の状況及び飛行経路について、安全に飛行できる状態であることを確認する。
〇5m/s以上の突風が発生するなど、無人航空機を安全に飛行させることができなくなるような不測の事態が発生した場合には即時に飛行を中止する。
〇衝突や後方乱気流による影響などを避けるため、航空機には接近しない。
〇酒精飲料等の影響により、無人航空機を正常に飛行させることができない恐れがある間は、飛行させない。
〇飛行の危険を生じる恐れがある区域の上空での飛行は行わない。
〇不必要な低空飛行、高調音を発する飛行、急降下など、他人に迷惑を及ぼすような飛行を行わない。
〇物件のつりさげ又は曳航は行わない。
〇無人航空機の飛行の安全を確保するため、製造事業者が定める取扱説明書に従い、定期的に機体の点検・整備を行うとともに、点検・整備記録を作成する(参照「無人航空機の点検・整備」)
〇無人航空機の飛行記録の作成(参照「飛行記録の作成」)
〇無人航空機による事故等の報告(参照「事故等の報告」)
〇飛行の際には、無人航空機を飛行させる者は許可書又は承認書の原本又は写しを携行する。

 

◆ドローンに関する規制の一覧は「トップページ」をご覧ください。
◆ご依頼・ご相談は「ご依頼/報酬額」よりお問い合わせください

 

 

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 空域・場所 飛行方法 機能・性能 技能・知識 安全確保体制 適用除外 お問い合わせ