ひと目で分かる! ドローン規制の全体像

令和02年03月19日改正 許可・承認の審査要領◆機体所有者情報

ポイント

〇許可承認の申請時に、機体の所有者情報(氏名・住所・連絡先)を登録する必要があります。
〇機体の所有者情報を登録する必要があるため、実質的には「更新」にあたる許可・承認の申請であっても、改めて「新規」として申請を行う必要があります。

★セミナー形式で解説★

動画でわかる!ドローン規制の全体像

★専門家による安心申請★

ドローンの飛行申請

★飛行場所の規制を調査★

ドローン規制の調査

機体の所有者情報の登録

 国土交通大臣の許可・承認の申請時に、操縦者情報(氏名・住所・連絡先)に加えて、機体の所有者情報(氏名・住所・連絡先)を登録する必要があります。

 

〇会社所有の無人航空機を使用する場合、機体の所有者情報として会社の名称・所在地・連絡先を登録します。

 

〇機体をレンタルする場合、機体の所有者情報を確認のうえ、許可・承認の申請を行う必要があります。

申請の種類について

 機体の所有者情報を登録していない許可・承認を「更新」する場合、改めて機体の所有者情報を登録する必要があるため、実質的には「更新」にあたる申請であっても、改めて「新規」の申請を必要とする運用がなされています。

参考資料

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 空域・場所 飛行方法 機体 操縦者 安全確保体制 適用除外 お問い合わせ