ひと目で分かる! ドローン規制の全体像

令和02年09月10日改正 許可・承認の審査要領◆研究開発

ポイント

令和2年6月航空法改正に則して、条文番号が整除されました
〇飛行の目的に「研究開発」が追加されました。
〇研究開発目的の場合、申請手続きが一部簡略化されます。

★セミナー形式で解説★

動画でわかる!ドローン規制の全体像

★専門家による安心申請★

ドローンの飛行申請

★飛行場所の規制を調査★

ドローン規制の調査

条文整除について

 令和2年6月航空法改正に則して、条文番号が整除されました。

 

条文番号の対比

航空法

旧番号 新番号
第132条 但書き 第2項第2号
第1号 第1項第1号
第2号 第1項第2号
第132条の2 但書き 第2項第2号
第1号 第1項第1号
第2号 第1項第2号
第3号 第1項第3号
第4号 第1項第4号
第5号 第1項第5号
第6号 第1項第6号
第7号 第1項第7号
第8号 第1項第8号
第9号 第1項第9号
第10号 第1項第10号

 

飛行目的の追加

 飛行の目的に「研究開発」が追加されました。
 具体例として、機体及び操縦装置の開発のための試験飛行が掲げられています。

申請手続きの簡略化

 研究開発目的の飛行申請に当たって、研究開発段階では存在しない添付資料などについて、代替資料の添付で対応するなど、申請手続きの一部簡略化が認められます。
 簡略化された手続については、以下をご参照ください。

 

申請書記載事項
原則 研究開発
無人航空機の重量 機体重量とバッテリー重量の合計及び最大離陸重量 最大離陸重量のみ(25kg未満/以上)☆
無人航空機の機能・性能 取扱説明書の写しの添付 設計図等の写しの添付

☆国土交通省航空局標準飛行マニュアル(研究開発)に従うことを要する

 

申請内容に変更が生じた場合の取り扱い
原則 研究開発
改めて申請(HP掲載機は例外あり) 設計図・写真・取扱説明書等の変更に係る申請は不要☆★

☆国土交通省航空局標準飛行マニュアル(研究開発)に従うことを要する
無人航空機の機能及び性能に関する基準の適合性に変更がないことを要する

 

標準飛行マニュアル(研究開発)

〇審査要領の改正に伴い、無人航空機の機体及び操縦装置の研究開発のための試験飛行を目的とした航空局標準飛行マニュアル(研究開発)が設定されました。
令和02年09月10日設定 航空局標準飛行マニュアル(研究開発)

 

〇航空局標準飛行マニュアル(場所を特定した申請)に準拠しつつも、風速5m/s以上の状態や雨天時の飛行を認める、目視外飛行(補助者なし)を認めるなど、従来の標準飛行マニュアルよりも柔軟な運用を定めています。
航空局標準飛行マニュアル(研究開発)

無断引用・無断転載について

 弊所HPの記事を無断引用/無断転載するケースが相次いでおります。
 弊所HPのリンクはフリーとなっておりますが、ツイッター・Facebookでのシェアを除き、弊所HPの記事の無断引用/無断転載を禁止しております。
 弊所HPの記事をご利用になりたい方は、必ず弊所のメールによる許諾を受けてください。

 

参照

HPの無断引用・無断販売について
配信記事の無断転載について

参考資料

許可・承認の審査要領

無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領(令和2年9月10日改正)
無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領(令和2年3月19日改正)

 

===お役立ち情報===

★★動画でわかる!ドローン規制の全体像★★

★★改正情報 配信サービスについて★★

◆初めての方は「5分でわかる!ドローン規制の全体像」よりご覧ください。
◆ドローンに関する規制の一覧は「トップページ」をご覧ください。
◆法規制の解説動画/相談サービス付き「ドローンの飛行申請

 

 

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 空域・場所 飛行方法 機体 操縦者 安全確保体制 適用除外 お問い合わせ