ひと目で分かる! ドローン規制の全体像

報告徴収・立入検査

ポイント

〇国土交通大臣は、無人航空機の飛行又は設計等に関して報告を求めることができます(報告徴収)
〇国土交通大臣は、その職員に事務所・工場等に立ち入って、無人航空機、帳簿、書類などを検査させ、又は関係者に質問させることができます(立入検査)。
〇無人航空機の飛行を行う者又は無人航空機の設計等をする者が対象となります。

規制の概要

規制の場面

 航空法の施行を確保するため必要があるとき

規制の内容

〇無人航空機の飛行または設計、製造、整備、改造に関し報告を求める(報告徴収)。
〇事務所、工場その他の事業場又は無人航空機の所在する場所に立ち入り、無人航空機、帳簿、書類その他の物件を検査させ、又は関係者に質問することができる(立入検査)。

規制の趣旨

 事故等が発生した場合に、迅速かつ的確に実態を把握して、同様の事故等の発生を防止する

根拠法

 航空法第134条第1項第9号・第2項

所管官庁

 国土交通省(航空局)

罰則

 100万円以下の罰金(航空法第158条第1~3号)

報告徴収

内容

 国土交通大臣は、無人航空機の飛行または設計、製造、整備、改造に関し報告を求めることができる(航空法第134条第1項)

対象

〇無人航空機の飛行を行う者(航空法第134条第1項第9号)
〇無人航空機の設計、製造、整備又は改造をする者(同法同条項同号)

罰則の対象

〇報告をしないこと(航空法第158条第2号)
〇虚偽の報告をすること(同法同条同号)

立入検査

内容

 国土交通大臣は、その職員に、前項各号に掲げる者の事務所、工場その他の事業場又は無人航空機の所在する場所に立ち入って、無人航空機、帳簿、書類その他の物件を検査させ、又は関係者に質問させることができる(航空法第134条第2項)。

罰則の対象

〇検査を拒み、妨げ、又は忌避すること(航空法第158条第1号)
〇質問に対して虚偽の陳述をすること(航空法第158条第3号)

◆初めての方は「5分でわかる!ドローン規制の全体像」よりご覧ください。
◆ドローンに関する規制の一覧は「トップページ」をご覧ください。
◆法規制の解説動画/相談サービス付き「ドローンの許可・承認申請

 

 

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 空域・場所 飛行方法 機体 操縦者 安全確保体制 適用除外 お問い合わせ