ひと目で分かる! ドローン規制の全体像

屋内での飛行

ポイント

〇屋内での飛行は航空法の規制の対象外となります。
〇そのため、屋内で無人航空機を飛行させる場合、国土交通大臣の許可・承認を受ける必要はありません
〇ゴルフ練習場のようにネットで囲われたような場所も屋内とみなすことができるので、航空法の規制の対象外となります。

航空法の適用除外

 ドローン等の無人航空機を屋内で飛行させる場合、仮に操作を誤ったとしても、屋外へ飛び出し、第三者に衝突するなどの危険性は低いものと考えられます。
 そのため、屋内での飛行は航空法の規制の対象外となり、国土交通大臣の許可・承認は不要となります。

 

屋内とみなすことができる施設

 ゴルフ練習場のように、四方や上部がネットなどで囲われている施設の中でドローンを飛行させる場合も、飛行範囲を逸脱する恐れが低いという点で屋内とみなすことができます。
 そのため、この場合も航空法の規制の対象外となり、国土交通大臣の許可・承認は不要となります。

 

無人航空機の飛行場所・飛行方法について

 航空法の適用除外となるため、仮に建物・施設の所在地が人口集中地区(DID地区)内であっても、また、屋内で夜間飛行や物件投下を行う場合であっても、国土交通大臣の許可・承認を受けることなく、無人航空機を飛行させることができます。

 

◆ドローンに関する規制の一覧は「トップページ」をご覧ください。
◆ご依頼・ご相談は「ご依頼/報酬額」よりお問い合わせください

 

 

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 空域・場所 飛行方法 機能・性能 技能・知識 安全確保体制 適用除外 お問い合わせ