ひと目で分かる! ドローン規制の全体像

無人航空機の点検・整備

ポイント

〇国土交通大臣の許可・承認にあたり、安全確保体制の一環として、無人航空機の点検・整備及び点検整備記録の作成を行う必要があります。
〇点検・整備及び点検整備記録の作成の具体的な運用については、飛行マニュアルに定める必要があります。
〇「航空局標準飛行マニュアル」を用いた場合、標準飛行マニュアルに沿って点検・整備および点検・整備記録の作成を行う必要があります。
〇航空局標準飛行マニュアルと異なる点検・整備および点検・整備記録の作成を行う場合、独自にマニュアルを作成する必要があります。

航空局標準飛行マニュアル

以下の記載は「航空局標準飛行マニュアル」の使用を前提にしています。

飛行前の点検

・各機器は確実に取り付けられているか
・モーターの異音はないか
・プロペラに傷やゆがみはないか
・バッテリーの充電量は十分か

 

飛行後の点検

・機体にゴミ等の付着はないか
・ネジの緩みはないか
・モーターやバッテリーの異常な発熱はないか

 

20時間の飛行ごとに行う点検

・交換の必要な部品はあるか
・ネジの緩みはないか
・プロペラに傷やゆがみはないか
・フレームのゆがみがないか

 

点検・整備記録の作成

 上記20時間の飛行ごとの点検・整備を行った際には、「無人航空機の点検・整備記録」(下図参照)により、点検・整備を実施した者がその実施記録を作成し、電子データまたは書面により管理します。

(出所:航空局標準飛行マニュアル)

 

◆ドローンに関する規制の一覧は「トップページ」をご覧ください。
◆ご依頼・ご相談は「ご依頼/報酬額」よりお問い合わせください

 

 

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 空域・場所 飛行方法 機能・性能 技能・知識 安全確保体制 適用除外 お問い合わせ