ドローンの許可・承認申請は中野・杉並行政書士事務所へ【全国対応】

飛行実績の報告

飛行実績の報告が必要なケース

①3か月以内の期間を定めた包括申請(飛行経路を特定しないもの)
②3か月を超える期間を定めた包括申請(飛行経路を特定したもの)
③3か月を超える期間を定めた包括申請(飛行経路を特定しないもの)
※3か月以内の期間を定めた包括申請(飛行経路を特定したもの)については報告する必要はありません。

 

実績報告の時期

 許可・承認開始の日から3か月後の日、6か月後の日、9か月後の日、許可・承認終了の日のそれぞれから1か月以内に報告する必要があります。

 

実績報告の対象

 報告対象となる飛行実績は、当該許可承認書の効力を用いた飛行実績となります。屋内での訓練飛行など、許可・承認を要しない飛行実績については対象となりません

 

報告内容

・原則として、「無人航空機の許可に基づく飛行実績報告書」、「飛行の日時等」、「飛行場所の地図」の3点を提出します。
無人航空機の許可証人に基づく飛行実績報告書の記載例【国土交通省HP】
・「飛行の日時等」については、飛行マニュアルに沿って日々作成している飛行記録を添付します。
・飛行経路を特定した包括申請の場合、申請書に詳細図が添付されているため、「飛行場所の地図」を添付する必要はありません。
・報告期間の各3か月の間に報告対象となる飛行を実施しなかった場合は、飛行実績が無かった旨の報告を行います。

 

◆ドローンに関する規制の一覧は「トップページ」をご覧ください。
◆ご依頼・ご相談は「ご依頼/報酬額」よりお問い合わせください

 

 

免責事項
当サイトで提供する情報等に関しては万全を期してはいますが、 その内容の全てを保証するものではありません。万が一、当サイトの内容を使用したことにより損害を被った場合に、当事務所では一切責任を負いかねます。本情報を利用するにあたっての判断は、ご自身の責任でなさいますようお願いします。

 
トップページ 空域・場所 飛行方法 機能・性能 技能・知識 安全確保体制 適用除外 お問い合わせ